fc2ブログ

いとしい恋人の人差し指は、私の鼻の穴には入らない。

鼻フックはしません。 元「指輪は・・・」7号の同性愛ブログ

女性同士の物語・ノンケ編

「んん?ノンケ編って、何だ?」と思われたかたへ。
まあ概ね舞台は女子高だったり殆ど女性しか出て来無い作品
なのに7号がオススメするものを幾つか御紹介してみます。
あ、忘れてたけど中山可穂さんの小説「ジゴロ」も好きです、
あっさり読めて美味しそうなものが沢山出て程良くエロ。
最高じゃないですか。

★おかざき真理さん著「冬虫夏草」
漫画です。絶版になってます。
今のおかざきさんの絵風、俺は苦手なんですよね。
過剰に「ぷりっ」としてるとことか男性の顔が面長過ぎるとことか。
この本は連載中の中学生のときから愛読し、単行本化した高校生の
ときから俺の、人生のバイブルです。
先ず他人様と仲良くなったらこの漫画を貸します。
今のおかざきさんの絵柄とは少し違ってて・・・判り易く表現すると
暗い&淋し気な御話ばかりです。
当時のおかざきさんが「女の子しか出て来無い作品を目指してた」
と、あとがきで仰ってるのですけれど男性も普通に出て来ます。
この作品集で嫌いな作品何て無く『失楽園』と云う作品では
「くだらない大人 くだらない高校生活
性格の違う私達二人がそれでも仲がいいのは
その中でも自分が一番 くだらないんじゃないかという苛立ちが
共鳴するからだ」
と主人公のひとりが云って居て、嗚呼、って云う。
又、表題作の『冬虫夏草』では
「担任の先生に言われた もっと人間らしい生活をしろって
じゃあ 今 ここにいるあたしは何なんだろ
人間じゃなくって・・・・・・あたし何なんだろ?」

思春期ならではの少女たちの痛々しさや、いい大人が縁日で
恋人におもちゃの指輪を買ってあげて、その指輪を大事にして居る
彼女が友人に「触っちゃだめよ 私 ケチだから そう おもちゃよ
彼がくれたの でも・・・ねえ すごくきれいでしょ」
と自分が知ら無い
所で幸福そうにして居たこととかを、あとで知る『羽化を待つ人』
など、とてもじゃ無いですが此処でこの本の素晴らしさを全て表現
することは出来ません。
ブラザーズクエイを知ったのもこの本です。
一生涯、きっと大好きです。この本。

★江國香織さん著「いつか記憶からこぼれおちるとしても」
女子高の或るクラスを舞台に仲良しグループのことや、何だか
判ん無いけど「居る居る。クラスにこういうひと1人は」みたいなひとに
クローズアップした見事な短編小説集です。
これもレズは出て来無いンですけど女子高生に痴女する千春さんや、
夜食の御菓子などが止められ無い可奈ちゃんが日記で他人に「飴」
をあげる種類や個数を綴って居たりするところ、英語だけは万難を排して
勉強を頑張る柚ちゃんが元旦にコソコソっと自宅を出て出来立ての彼氏君
とファミレスで会って朝方に「会うの、今年初めて」とか、
いいなあって感じます。
スポンサーサイト



  1. 2018/08/10(金) 17:02:38|
  2. Daily life

プロフィール

7号

Author:7号
復活




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

Daily life (10371)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる